高額買取につながる骨董品の特徴

新しい作品より作られた年代が古い方が、骨董品としての価値は高くなります。また、制作者が有名であるほど査定価格も上がりやすいのが特徴です。ただし文化功労者や人間国宝といった作家の作品であれば、それほど古くない物でも高額査定につながります。そして、骨董品の買取ではコンディションも重要となっており、無キズの完全品ともなれば特に珍重されるため、高額買取となるのが通例です。外箱の木箱には制作者名が書かれているなど、査定でも評価の上乗せポイントになりますから、汚れや傷みがあっても必ず一緒に見てもらいましょう。そのほか、買取方法には店頭をはじめ、出張買取や宅配買取がありますので、好きな方法を選べます。店頭買取を希望する時は直接店舗へ行くよりも、前もって希望日時を伝え、予約してから行くのがベストです。予約なしではほかの利用客の応対が終わるまで待つ必要があったり、ともすれば査定スタッフが外出しているケースもあります。

眠れる森の骨董